少し前のお話になりますが、ことりをご利用頂いているお子様の普段の幼稚園での様子をご見学させて頂く機会がありました。
他の保護者の方もご参観されていたり、園内行事という事もあり、いつも通りの姿という訳ではないと思うのですが、
子どもたちが、どんな所で日々の生活を営んでいるのか、どんな先生やお友だちに囲まれて過ごしているのかを知る、とてもよい機会となりました。
お子様のお母さんたちの前で頑張ろうとする姿に、実の親のような気持ちで、目頭が熱くなりました。
先生に甘える場面や、お友だちと協力して取り組む姿…ことりとはまた違う姿を見せてくれて、とても新鮮でした。
楽しい経験を共有させてもらうと共に、こんな貴重な機会を頂けて本当にありがたいと感じています。
この様に、ことりに来ている時以外でのお子様の様子を知る事が出来るのは、少人数が故の強みかなと思います。
(勿論、ご快諾頂ける保護者のご厚意があってこそですし、ご家庭によって考え方は違うと思います)
以前の職場(同じく児童発達支援事業所でした)で出会ったお子様とは今でも数人、保護者の方のご厚意でお会いさせて頂く機会があります。
出会った頃は幼稚園児さんにもなっていなかった子ども達が、小学校での勉強やお友だちのお話を聞かせてくれたり、新しい習い事の成果を見せてくれたり…お子様の成長を一緒に見届けられる事、本当に光栄だといつも感じます。
出来る事なら、ことりに通うお子様とも成長を共に喜び、保護者の方の喜びや悩みに寄り添っていけたら嬉しいなと思っています。